オンラインカジノの遊び方

野球やサッカーなど日本を含む世界中の試合に賭けられるウィリアムヒルスポーツ

ウィリアムヒルスポーツは1934年創業の大手ブックメーカーで様々な賭けを提供しています。ウィリアムヒルカジノクラブと同じ、ロンドン証券取引所上場のWilliam Hill PLCが経営しています。(日本語対応)

 ウィリアムヒルスポーツ

Jリーグの試合は全部網羅していますので、ライブベット対象試合になっていれば、試合経過が詳細に見れる機能がありますので、試合途中から見る時で、それまでの経過を知りたい時など、ウィリアムヒルスポーツのHPで知る事ができます。開催日の試合時間に一度覗いて見て下さい。

CAUTION

Access and use by those under the age of 18 are prohibited.

ウィリアムヒルスポーツの賭け対象競技とイベントについて

ウィリアムヒルスポーツでは、
(TV等で取り上げられる日本人選手の参加する海外の試合も対象になっています)
①サッカー(セリエAやリーガエスパニョーラなどの海外リーグからJリーグまで網羅しています)
②テニス(全仏オープンや全米オープンや全豪オープンそしてウィンブルドン選手権などの国際大会、
③バスケットボール(NBA、BJリーグ)④競馬(ヨーロッパや南アフリカを始め各国の競馬)
⑤ボクシング(イギリスの試合が主)⑥アメリカンフットボール(NFL)
⑦ラグビー⑧格闘技(イギリスやアメリカの試合が主、UFC,MMA)⑨クリケット
⑩ゴルフ(全英オープン、全米オープンなど)⑪宝くじ(パワーボールなどのロトくじ)
⑫ビリヤード⑬スヌーカー(ビリヤードの一種)⑭バレーボール
⑮オージーフットボール(オーストラリアのフットボール)⑯自転車競技(ツールドフランス)
⑰ハンドボール⑱モータースポーツ(ルマン24耐久などのレース)
⑲野球(メジャーリーグ、さらに日本の野球も対象の時もあります)
⑳ダーツ、その他、ハーリングオートバイレースなども賭け対象で、
さらにオリンピックや季節のイベント、政治でイギリスの選挙ウインタースポーツなど、
1000以上の競技やイベントに対して賭けを提供しています。
また試合中に賭けるライブベッティングなどが賭けの対象として用意されていて、TV等で試合観戦しながら自分の予想を楽しむ事が出来ます。

賭けられる競技やイベントに関しては、試合やイベントの情報収集に関しての競技名やイベント名をご覧ください。その時々により行われている賭けは違いますが、沢山の試合や競技が賭け対象になっている事がお分かりいただけると思います

日本語サポート

サッカーに関してはJリーグの全試合が賭け対象になっていて、その内一部は試合中にも賭けられるライブベッティングに対応しています。またその他の競技の日本の試合も賭け対象になる事が有ります。

ウィリアムヒルスポーツでは、サッカーの賭けは、試合の勝ち負けだけでなく、ゴール数や前半リードするかなど、50以上の個別の要素にもに賭けられます。

最上部に戻る

下記バナーでウィリアムヒルスポーツのHPに行けます

日本語で質問出来るメールでの日本語サポートや、Jリーグなど日本で行われる試合も対象で賭けやすいと思います。

ウイリアムヒルスポーツを始め、11のサービスが共通で利用できるWilliam Hill登録マニュアルです。本マニュアルの手順通り手続きすれば簡単に作成出来ます

ウィリアムヒルスポーツ

New William Hill online customers only. Min. unit stake of £10/€10 at odds of 1/2 or greater. Only the “win” part from EW bets will count. Free bet terms, payment method & country restrictions apply. Free bets credited as 3 x £10/€10. Free bet stakes are not returned as part of the settlement of successful free bets. All Free Bets must be wagered within 30 days.

入出金にはEntropayとEcopayzが利用出来ます。当サイトではEcopayzを推奨しています。

Ecopayzの口座作成方法はこちらです。手順通りに行えばすぐに作成できます。

Entropayについてはこちら

最上部に戻る

このページのコンテンツです

利用方法や仕組みなど項目別に記載しました。賭け対象も多く提供されそれぞれにおいて適用されるルールも違いますので各項目を一つずつ確認してください。

登録方法とログイン方法

新規登録者はJP100プロモーションに参加できます。

ウィリアムヒルスポーツの登録方法

ウィリアムヒルスポーツのログイン方法

引越しなどでウィリアムヒルスポーツの登録情報が変わった時は(パスワードの変更も出来ます)

モバイル端末でページを日本語表示にする事も出来ます

ウィリアムヒルスポーツのルールはこちら

サッカールール一覧 (賭けの種類はこちら)

ブックメーカー サッカーその他のルール (賭けの種類はこちら)

ブックメーカー 賭け方の種類の説明

ブックメーカーの専門用語

オッズ表示形式と変換方法

入金方法と一日の入金限度額と出金限度額について

ウィリアムヒルスポーツへの入金方法

ウィリアムヒルスポーツからの出金方法

ウィリアムヒルスポーツの一日の入金と出金の限度額について

引き出しのための身分証明書の提出方法とARN番号の説明とリクエスト方法

問い合わせ方法について

ウィリアムヒルスポーツで疑問点がでたら日本語カスタマーサービスに問い合わせが出来ます!

賭け方について

ウィリアムヒルスポーツの賭け方と手順(サッカーの例で説明しています)

ウィリアムヒルスポーツの賭け方と手順(野球の例で説明しています)

totoの様に高額賞金も狙えるマルチベットの賭け方とサッカーの特別ルール(フリーベット=ボーナスとして賭け金が戻ってくる物もあります)

競馬の2連単や3連単も出来るForecastとTricastsの賭け方

ベット計算機について(複数の賭けを行った時に配当計算が便利です)

賭け画面の操作について

シングルベットで高配当を狙うには

賭けを途中で止める事が出来るCash In My Bet機能(Cash in機能)

賭けの勝敗の基準について

賭け対象について

サッカーの賭け対象の国と試合について

テニスの賭け対象について

バスケットボールの賭け対象について

野球の賭け対象について

海外の宝くじの数字も賭け対象です

競馬の賭け方

オリンピックの賭けについて

試合中に賭けるライブベッティングの予想

イギリスやアメリカの政治等も賭けの対象になっています。

通常時よりも高いオッズで提供される増強オッズ

Perm betting(パームベッティング)

全米オープン - ゲーム, セット, マネーバック

サッカー: マルチマッチ - マネーバックトリプル

各種競技のデータについて

ドッグレースのデータ

サッカーの統計データ

賭け受付開始時間と試合の結果について

賭け対象の試合が発表される時間

試合の結果を調べられます

お気に入り機能

賭け規則(締切時間、無効BET)について

賭けが取り消される場合と処置

賭けの締切時間

賭けが無効になる場合

試合を中止する場合の実例

賭けを締め切った時は締め切りメッセージが出ます。

最低賭け金について

ウィリアムヒルスポーツのイベント別の上限払戻額(この額以上の配当は受け取れません)

一般ベッティング規定

試合やイベントの情報収集に関して(リンク集)

賭け対象になっている競技やイベント毎に情報を収集しやすい様にリンクをまとめています。

1、実況中継

2、競馬

3、サッカー

4、ドッグレース

5、ゴルフ

6、テニス

7、格闘技

8、ダーツ

9、ウインタースポーツ

10、ボクシング

11、バスケットボール

12、クリケット

13、ハーリング

14、野球

15、アメリカンフットボール

16、オージーフットボール

17、ゲーリックフットボール

18、ハンドボール

19、ビリヤード/スヌーカー

20、ラグビー

21、サイクリング

22、バレーボール

23、アイスホッケー

24、モータースポーツ

25、オートバイ競技

26、釣り競技

27、政治

28、宝くじ

29、eスポーツ

30、バンディ

31、水球

32、ローンボウルズ

33、ビーチバレー

34、卓球

35、スペシャル ベッティング

36、ビーチサッカー

37、フットサル

38、ラクロス

39、フィールドホッケー

最上部に戻る

2016年のレスターシティ優勝による配当について

William Hillでは、2016年の英国プレミアリーグで開幕前にレスターシティの優勝に5000倍のオッズが付けられていました。結局優勝し、この賭けに賭けた方全員分で日本円で総額数億円の配当をWilliam Hillで払い戻していますが、その中に日本人も1人いて1000万円以上の配当を受けています。5000倍のオッズですから20ドル位(円でしたら2000円)をこの方は賭けた事になります。(5000倍×20ドル=100000ドルもしくは、5000倍×2000円=1000万円)滅多にある事ではありませんが、小額ベットでこの様な大金を得るチャンスもあります。レスターシティに岡崎慎司選手がいるから(好きな日本人選手がいる)という理由だけで小額の賭け金を賭ける遊び方も有りだと思います。また大多数がその可能性は皆無(あるいは少ない)と思っている場合にあえて小数派に賭ける事も、当たれば高額の配当を得るチャンスになります。

上記の様な場合にリーグ開催途中で、William Hillから賭けを放棄してくれる代わりに数千ドル~数万ドルを差し上げますという様なオプションが提示される事もあります。オプションを放棄して最終的な結果にゆだねる事も(途中で負ければゼロ、リーグ決勝戦で優勝すれば巨額な利益)、オプションを受け入れて提示された金額を受け取る事も(途中で負けても提示された金額が貰える代わりに、リーグ決勝戦で優勝した場合に入る巨額な利益は放棄)出来ます。

注意;イングランドプレミアリーグのリーグ優勝の賭けは200万ドルが上限払戻額ですので、賭け金は400ドルが限度です。(200万ドル÷5000倍=400ドル)それ以上の額を賭ける事も出来ますが、配当は200万ドルになります。詳しくはメニューの「ウィリアムヒルスポーツのイベント別の上限払戻額」をお読みください

最上部に戻る

勝ち負けの定義

ブックメーカーでは、勝ち負けの定義は厳密に決められています。例えば「優勝国はどこか」という賭けと「勝利チーム」の賭けは微妙に違います。90分間で勝利できず、延長戦やPKで日本が勝った場合、「優勝国はどこか」という賭けでは、優勝国は日本になりますが、「勝利チーム」の賭けは「勝利」ではなく「引き分け」になります。以上の様に「勝利チーム」の賭けの勝敗は、90分間の試合内容で決定します。「優勝国はどこか」という賭けは、延長戦になった場合もそれを含めた結果で決定します。

サッカーの一般規定ルール、1. 受け付けの項目を参照

青帯の項目

不安な場合は、メールサポートに、青帯の項目(90分と書かれている場合=90分で質問してください)の○○対○○の試合に賭けたいが、「90分」の賭けとは、いつからいつまでの時間が賭け対象なのかを問い合わせて疑問を解決してください

メールサポートの利用方法はここを参照してください

こちらでウィリアムヒルスポーツのルールを説明しています。時間がある時に、こちらの項目を1つずつ目を通してください

最上部に戻る

William Hillのアカウントの口座使用通貨を日本円でを作成した方へ

当サイトでは、William Hillのアカウントで利用出来るWilliam Hill Sports以外のサービス(William Hill Casino)でボーナスを貰う為、ドル、ユーロ以外の通貨での口座作成は推奨していませんが、William Hillのアカウントの口座使用通貨を日本円でを作成した方向けに記載します。

William Hillのサービスからお引き出しをする時、引き出し画面で金額記入欄に数字を入力すると、他の通貨と同じ様に小数点以下も表示されエラーになります。

ご面倒でも、小数点以下の数字と小数点を削除して整数にしてから、下の「お引き出し処理を続ける」ボタンを押してください。

画像例

金額記入欄が3000.00ドルになっていますが、.00を消して3000に修正します。

入金修正

最上部に戻る

ブックメーカーのオッズ設定について

ブックメーカーで具体的にオッズを設定しているかは非公開ですが、理論的にどの様に考えてオッズを設定するかについて論文が出ています。英文になりますが興味ある方は一読なさってください。PDFファイルです。

Cortis、Dominic(2015) Expected Values and variance in bookmaker payouts:オッズの限度額を設定するための理論的アプローチ

最上部に戻る

ブックメーカー間のアビトラージ投資について

ブックメーカー間のオッズの差を利用して同じイベントの相反する賭けに賭けていく方法を、総称してアビトラージ投資と呼び、勧誘メールやサイトで目にされた方も多いと思います。

例えば、巨人対阪神戦のフルタイムの試合の勝ち負けの賭けが有って、Aというブックメーカーのオッズでは巨人の勝ちで4.8倍、阪神の勝ちで2倍、引き分けで2.5倍になっていて、Bというブックメーカーのオッズでは巨人の勝ちで2.3倍、阪神の勝ちで5倍、引き分けで2倍、Cというブックメーカーでは巨人の勝ちで2.1倍、阪神の勝ちで1.8倍、引き分けで4.6倍になっていたとします。そこでそれぞれのブックメーカーに、A社で巨人の勝ち、B社に阪神の勝ち、C社に引き分けと別々に同じ額を賭けます。実質すべての賭けで三倍以上になっていればどれが当たっても利益になる勘定になります。これがアビトラージの張り方になります。

(上記の例は、わかりやすくする為に数字を極端にして説明しています。すべてが3倍以上になるオッズは、実際にはほとんどありません。またブックメーカー間でオッズが大きく差が開くという事もほとんどありません。)

具体的なやり方としては、ブックメーカー間で乖離している小さなオッズの差をコツコツと取っていくイメージになります。例えばライブベットの試合中のオッズを注視して際どい場面(サッカーで言えば、ゴールを入れられたチームのその直後に起こるかもしれない一時的にオッズの上がる場面等)を探して時間差で張っていく必要があり、1つの試合の全部の賭け項目(アウエイの勝ち、ホームの勝ち、引き分け)にすべて賭け終わるまではリスクのある状態となりますし、賭け項目が対象となるオッズまで跳ね上がるかはわかりません。(賭けられない項目が出てくるリスクもあります)ただ混戦が予想される試合ではおいしい場面も出てくる場合もありますが、試合展開を予想するという不確定要素が出てきます。

あるいは、1試合の資金をどれが来ても利益になる様に、全部の賭け項目(アウエイの勝ち、ホームの勝ち、引き分け)のオッズをリアルタイムで監視し、項目毎に賭け金を計算して同時に賭ける方法もあります。その時点で全部賭け終わらないといけないので手計算では難しいと思います。アビトラージ計算機を利用してください。様々な物がありますので必要な場合は各自Google検索で調べて下さい。

無料のアビトラージ計算機が利用できるサイトArb Cruncherです。

あるいは、ブックメーカーの提供しているオッズのxmlフィードサービスを利用し、PHPを使って複数ブックメーカーのリアルタイムオッズを取得、そこからDDEでExcelに表示+(セルに設定した数式で)計算、一定条件になった時にサインが出る様にして、サインが出たら、Webスクレイピング+キーボードマクロ(UWSC等)にて、ブックメーカーへのログイン、賭け画面への必要項目の入力、までを自動化したツールを動かし、自動的に賭けてリアルタイムにチャンスを狙うという方もいるそうです。(この手の技術に疎いので詳しいことが書けません。すみませんが興味のある方は各自で調べて下さい。)

William Hillのxml Feedです。イベント別に分類されています。

料金を払って会員になると有利なオッズの組み合わせが出た時にメール等で配信する業者もあります。その一例、RebelBetting社です。

注意

ブックメーカーのオッズで一時的に差が大きく開いている場合があっても、極端なオッズの場合はブックメーカー側で誤配信として処理され、賭けが取り消され、賭け金が戻される事もあります。この場合の異議申し立ては一切認められません。(各ブックメーカーの利用規約には必ずその旨の記載があります)その辺も頭に入れて頂いた上でご利用下さい。

プレイヤーが賭ける事の出来る上限金額が急に下げられるMaxBet制限をブックメーカー側で課せられることもあります。特に一度に高額な賭け金を賭けた時や、プレイヤーの賭けパターンによる判断の場合や、同一イベントに複数回の賭けを行った場合や、端数まで細かく額を設定して複数の賭けを行った時など課せられる事が有ります。(それ以外の時もあります)MaxBet制限になると口座にたとえ幾ら残高が有ろうが、一回のイベントで小額の賭け金しか張れなくなります。最悪の場合はアカウントの凍結や利用停止も有り得ます。この様にプレイヤーの賭け金の額や張り方は常時監視されています。一度このような制限が課せられると解除は困難ですので、余り細かい端数まで賭けず、また一度に大きく賭けず、日々賭けを行う毎に徐々に賭け金を上げていってください。

他社ブックメーカーのオッズも、ブックメーカー側で監視しています。オッズの差が開いた美味しい局面でもベットに差を付け過ぎると小リスクのプレイとしてMaxBet制限や、業者に不都合な客としてアカウントの凍結になる場合があります。あまり差を付けず目立たない様にご利用ください。(負けていてもMaxBet制限が起こる事もあります)

上記の説明は、複数のブックメーカーで賭ける場合を前提としています。一社のブックメーカーのみで、全通りに賭ける張り方は禁止されていますので注意してください。

最上部に戻る

アカウントが開設出来ない国について

以下の国にお住まいの方は、アカウントを開設する事が出来ません。変わる事も御座いますので、最新の情報をWilliam Hill SportsのHPでご確認下さい

米国およびその領土、イスラエル、アンティグア・バーブーダ、オランダ領アンティル、エストニア、キプロス、カナワキ、ブルガリア、香港、中国、フィリピン、トルコ、フランスおよびその海外領域、キューバ、イラン、ミャンマー(ビルマ)、北朝鮮、スーダン、およびシリア

  • このページの先頭に戻る