オンラインカジノの遊び方

オンラインカジノのボーナスクリアする為に

オンラインカジノ ボーナス条件 ここページでは、控除率や実践例、機種の機能などを利用して、ボーナス条件のクリア方法を考えていきます

ボーナスは貰いたいが、やりたいゲームは禁止(規制)ゲームに該当する。ボーナスを拒否して、やりたいゲームをプレイするのも選択肢の一つですが、でも折角貰えるのだから、ボーナスを貰いたい。ボーナス条件をクリアするまで、ひとまず、やりたいゲームは我慢して、クリアしたらゲームに制限が無くなるので、今はボーナスをクリアする事だけを考えよう。そういう選択肢もありだと思います。そこで、ここではボーナス条件をどうやってクリアするかを考えたいと思います。

カジノゲーム「スロットゲームの機能と種類」の説明です。プレイするゲームを選ぶ際の参考にして下さい

☆コンテンツの目次です

  • ①ボーナス条件をクリアする為の考え方。
  • ②ボーナス条件をクリアーする為にどれ位ゲーム数をクリアすれば良いのか
  • ③控除率(ペイアウト率)を利用して計算する
  • ④ボーナス条件消化の計算例
  • ⑤リアルプレイで回してみた時の実践例です
  • ⑥リアルプレイ中におきた事と考察(仮説)について
  • ⑦☆複数のゲームを同時起動したり、複数カジノで同一のゲームを動かす事も可能です
  • ⑧8ラインスロットゲーム、バケーションステーションの計算例を掲載します
  • ⑨カジノゲームで稼ぐには
  • ⑩カジノゲーム「バケーションステーション」の実践記録です。参考にして下さい
  • ⑪ベッティングシステム(ウィキペディアWikipediaより引用)
  • ⑨カジノゲームの立ち回り方
  • ボーナス条件のクリアーする金額の壁

    規制(禁止)されていないゲームで、現在のボーナスを含めた全資金内で資金の減少を極力少なくして、ボーナス条件の目標金額をクリアするかが問題となります。 ただカジノ側で禁止している、赤黒同時張り等(イーブンベット)は出来ません。賭け金が少なければ少ないほど有利に働きますがBET数が少なすぎると、時間がかかります。

    また、ゲーム換算値の少ないゲームだと、その分さらに時間が掛かってしまいます。(有利に進められるゲームであれば、ゲーム数をより多くこなす事で解決出来ます) さらに期限(いつまでにクリアしなければボーナスが回収される)の問題もあります。

    ボーナス条件をクリアするには、一回のBET金額をいくらにして、どれ位のゲーム数をこなすのが最適なのかの基準を自分で持つ必要があります。

    ページトップに戻る

    ボーナス条件をクリアする為の考え方。

    資金がパンクしないという事が絶対条件となります。資金がパンクしない為にはどうしたらいいか?

    バルサラという人が提唱した破産確率という考え方があります。詳しい計算式は複雑なので省きますが、一回のゲームに全資金の何%をリスクにさらした場合、勝率が○%で損益率が△の場合、破産する確率はどれくらいか?と言う概念です。

    バルサラの破産確率表

    *数字が少ない方が破産する確率が少ないと言う事です。小数点第四位以下は切り捨ててますので0表示になっています

    表の横列が損益率、表の縦列が勝率になります

    表の見方ですが、横列の損益率の数字と縦列の勝率の数字がクロスした所が破産の確率になります

    勝率=利益ゲーム回数÷全ゲーム回数

    損益率=(利益ゲームの利益合計÷利益ゲーム回数)÷(損失ゲームの損失合計÷損失ゲーム回数)

    相場の世界では1%以下が相場が継続できる数値といわれていますが、ゲームでも同じでいいと思います

    リスク別バルサラの破産確率表

  • 資金$1で、リスクにさらす金額を$1にした場合 (資金の1/1を賭ける)
  • 資金$2で、リスクにさらす金額を$1にした場合 (資金の1/2を賭ける)
  • 資金$3で、リスクにさらす金額を$1にした場合 (資金の1/3を賭ける)
  • 資金$4で、リスクにさらす金額を$1にした場合(資金の1/4を賭ける)
  • 資金$5で、リスクにさらす金額を$1にした場合(資金の1/5を賭ける)
  • 資金$10で、リスクにさらす金額を$1にした場合(資金の1/10を賭ける)
  • ①資金$1で、リスクにさらす金額を$1にした計算例(資金の1/1を賭ける)

    資金$1で、リスクにさらす金額を$1にした場合
    勝率/損益率12345678910
    5100100100100100100100100100100
    1010010010010010010010099.899.197.8
    1510010010010099.997.994.692.390.589.4
    201001001009992.688.68684.483.282.2
    251001009988.783.480.478.877.576.676.1
    3010010088.179.475.673.67271.570.870.5
    3510095.177.871.368.767.166.365.965.565.3
    4010082.569.164.762.161.160.960.260.159.9
    4510071.461.557.956.555.855.455.155.155
    5098.961.854.151.850.850.550.449.949.949.8
    5581.953.447.846.345.345.345.345.345.345.3
    6066.745.741.940.640.240.240.2404040
    6553.738.836.335.634.934.934.934.934.934.7
    704332.230.630303030303030
    7533.526.625.225.225.225.22524.924.924.9
    8025.120.520.120.119.819.819.819.819.819.8
    8517.515.315.115.1151515151515
    901110.110.110.110.110.110.1101010

    ページトップに戻る

    ②資金$2で、リスクにさらす金額を$1にした計算例(資金の1/2を賭ける)

    資金$2で、リスクにさらす金額を$1にした場合
    勝率/損益率12345678910
    5100100100100100100100100100100
    101001001001001001001001009996.2
    1510010010010010096.689.78581.979.8
    201001001009985.878.173.771.468.968
    2510010099.178.969.564.561.560.15958.1
    3010010077.363.157.254.152.351.150.350
    3510090.660.651.14745.14443.342.842.6
    4010067.847.941.639.237.736.836.636.336.3
    4510050.637.833.732.131.230.630.530.430.2
    509938.229.526.92625.325.125.125.125.1
    5567.228.922.921.220.820.520.320.320.320.3
    6044.320.817.416.616.116.116.116.116.115.9
    6528.915.11312.512.512.512.312.312.212.2
    7018.510.69.39999998.8
    7511.27.16.46.36.36.36.36.36.36.3
    806.34.44.2444443.93.9
    853.22.32.32.32.32.32.32.32.32.2
    901.2111111111

    ページトップに戻る

    ③資金$3で、リスクにさらす金額を$1にした計算例(資金の1/3を賭ける)

    資金$3で、リスクにさらす金額を$1にした場合
    勝率/損益率12345678910
    5100100100100100100100100100100
    101001001001001001001001009994.2
    1510010010010010095.185.278.274.471.4
    201001001009979.669.263.559.957.656
    2510010099.169.958.151.848.546.745.544.1
    301001006850.142.839.537.436.735.735.2
    3510086.247.436.532.430.329.228.428.127.8
    4010055.933.226.924.323.222.62221.921.9
    4510036.42319.517.917.317.116.816.816.8
    509923.616.113.913.312.712.712.612.612.6
    5555.115.111109.69.29.29.29.29.2
    6029.79.57.26.86.46.46.46.36.36.3
    6515.55.84.74.44.44.24.24.24.24.2
    707.93.52.92.82.82.82.72.72.72.5
    753.71.91.71.61.61.61.61.61.61.6
    801.60.80.80.80.80.80.80.80.80.8
    850.60.40.40.30.30.30.30.30.30.3
    900.10.10.10.10.10.10.10.10.10.1

    ページトップに戻る

    ④資金$4で、リスクにさらす金額を$1にした計算例(資金の1/4を賭ける)

    資金$4で、リスクにさらす金額を$1にした場合
    勝率/損益率12345678910
    5100100100100100100100100100100
    101001001001001001001001009992.6
    1510010010010010093.680.572.767.363.8
    2010010010099.173.661.254.650.347.745.9
    2510010099.16248.742.238.335.834.633.7
    3010010059.939.932.72927.12625.425
    351008236.626.422.220.119.418.718.518.0
    4010045.822.917.415.214.213.513.313.213
    4510025.914.211.110.29.79.49.29.29.2
    509914.78.67.26.76.46.36.36.26.2
    5544.78.25.24.54.44.34.24.24.14.1
    6019.54.332.72.52.52.52.52.52.5
    658.32.31.61.51.51.51.51.51.51.5
    703.61.10.90.80.80.80.80.80.80.8
    751.30.50.40.40.40.40.40.40.40.4
    800.40.20.20.20.20.20.20.20.20.1
    850.10.10.10.10.10.10.10.10.10.1
    900000000000

    ページトップに戻る

    ⑤資金$5で、リスクにさらす金額を$1にした計算例(資金の1/5を賭ける)

    資金$5で、リスクにさらす金額を$1にした場合
    勝率/損益率12345678910
    5100100100100100100100100100100
    101001001001001001001001009990.8
    1510010010010010092.176.366.861.157.3
    201001001009968.354.347.142.539.837.8
    2510010098.955.440.233.63027.926.725.7
    3010010052.631.724.721.319.718.517.917.6
    3510077.928.718.715.313.812.812.312.111.9
    4010037.615.911.39.48.88.38.37.97.9
    4510018.38.76.55.85.35.35.155
    509994.73.83.43.33.33.33.23.1
    5536.84.42.52.121.91.91.91.91.8
    601321.31.1111111
    654.60.80.60.50.50.50.50.50.50.5
    701.50.40.30.30.30.30.30.30.30.2
    750.40.10.10.10.10.10.10.10.10.1
    800.1000000000
    850000000000
    900000000000

    ページトップに戻る

    ⑥資金$10で、リスクにさらす金額を$1にした計算例(資金の1/10を賭ける)

    資金$10で、リスクにさらす金額を$1にした場合
    勝率/損益率12345678910
    5100100100100100100100100100100
    10100100100100100100100100100100
    1510010010010010084.957.944.937.132.5
    201001001009946.729.72217.815.914.4
    251001009930.316.211.397.86.96.7
    3010010027.710.264.53.93.43.33.1
    3510060.88.23.62.31.81.61.51.41.4
    4010014.32.51.30.80.80.70.70.60.6
    451003.30.80.40.30.30.30.20.20.2
    50990.80.20.10.10.10.10.10.10.1
    5513.20.20.10.1000000
    601.7000000000
    650000000000
    700000000000
    750000000000
    800000000000
    850000000000
    900000000000

    勝率と損益率は実戦データーで取る必要があります、長期のデーターが好ましいのですが、金銭が絡みますので中々難しいと思います。不完全ですが、まずは50ゲーム毎にデーターを取って計算してみて、後はゲームをプレイしながら徐々にデーターを蓄積していって下さい。

    少ないゲーム数であれば、損失が発生した時も少なく済みます

    ページトップに戻る

    ボーナス条件をクリアーする為にどれ位ゲーム数をクリアすれば良いのか

    単純にボーナス条件から一回の賭け金を割ると以下の計算式になります。

    (ボーナス+入金)の12倍をボーナス条件とします。

    (入金額+ボーナス額)×12÷一回の賭け金=必要ゲーム数

    仮に入金額を200ドル、ボーナスを300ドル、一回の賭け金を0.08ドルとすると (200+300)×12÷0.08=75000回となります

    実際に500ドルしかないわけですから、500÷0.08=6000回しか回せない計算ですが、 ゲームをやっている最中に払戻が有ります。この払戻分多く回せます。

    ページトップに戻る

    控除率(ペイアウト率)を利用して計算する

    カジノが発表している控除率は、その機種をプレイした全ユーザーの使用金額と払い戻し金額を割ったものですので、正確にプレイヤー個人がこの機種をプレイした場合、どれ位出すかを正確に表している訳ではありません。あくまでも目安として考えて下さい。以下の方法も、考え方の一つとして参考程度に捉えて下さい。

    控除率(ペイアウト率)が公開されている場合、ボーナス条件のクリアーの計算に利用する事も出来ます

    公開されていない場合は、数字を決める必要がありますので、ここでは90%と仮定します

    例)200ドル入金+300ドルボーナス=500ドル、500ドル分回して、開始時より何ドル減るかで計算、(減った分÷開始資金)

    役の抽選は完全確率で動いているので、どうしても当たり外れの波(周期)のムラが出ます。確率の揺らぎと言われる部分です。

    ゲーム数が少な過ぎると、確率の揺らぎに左右されます。これを完全に避ける事が出来ませんが、目処を付けないと計算出来ませんので、 500ドルの資金(200ドルの資金、300ドルのボーナス)で1000回回すとします。すると一回の賭け金は0.5ドルとなります。

    次に、1000回まわした後に500ドルがいくら残るかを計算する為に、当初の資金500ドルに対して控除率を賭けます。(控除率を90%とします) (500ドル×90%(控除率)=450ドル)

    その次に、一回に0.5ドルで残資金分(450ドル)を回した時、回転開始時の資金(450ドル)が控除率の影響を受けるとします。

    ボーナス条件を500ドル×12倍=6000ドルとすると、単純計算で、1000回転を6回行ってボーナス条件がクリア出来ますが、 実際にはゲームをすればするほど控除率(ペイアウト率)の影響を受けて資金が減少していきます。 そして資金の減少分、回せるゲーム数も減少していきます。

    ページトップに戻る

    ☆ボーナス条件消化の計算例

    条件、(初回資金500ドル、一回の賭け金0.5ドル 控除率90%、 入金×1.5=ボーナス額、ボーナス条件(入金+ボーナス)×12倍(倍率)=最低賭け条件額)

  • ①回転、1000回→450ドル(合計500ドル分の賭け金)②回転900回→405ドル(合計450ドル分の賭け金)③回転810回→364ドル(合計405ドル分の賭け金)
  • ④回転、728回→327ドル(合計364ドル分の賭け金)⑤回転、654回→294ドル(合計327ドル分の賭け金)、⑥回転、588回→264ドル(合計294ドル分の賭け金)
  • ⑦回転、528回→237ドル(合計264ドル分の賭け金)⑧回転、474回→213ドル(合計237ドル分の賭け金)⑨回転、426回→191ドル(合計213ドル分の賭け金)
  • ⑩回転、382回→171ドル(合計191ドル分の賭け金)⑪回転、342回→153ドル(合計171ドル分の賭け金)⑫回転、306回→137ドル(合計153ドル分の賭け金)
  • ⑬回転、274回→123ドル(合計137ドル分の賭け金)⑭回転、220回→110ドル(合計110ドル分の賭け金)⑮回転、198回→99ドル(合計99ドル分の賭け金)
  • ⑯回転、178回→89ドル(合計89ドル分の賭け金)⑰回転、160回→80ドル(合計80ドル分の賭け金)⑱回転、144回→72ドル(合計72ドル分の賭け金)
  • ⑲回転、128回→64ドル(合計64ドル分の賭け金)20回転、114回→57ドル(合計57ドル分の賭け金)21回転、102回→51ドル(合計51ドル分の賭け金)
  • 22回転、90回→45ドル(合計45ドル分の賭け金)23回転、80回→40ドル(合計40ドル分の賭け金)24回転、72回→36ドル(合計36ドル分の賭け金)
  • 25回転、64回→32ドル(合計32ドル分の賭け金) 26回転、56回→28ドル(合計28ドル分の賭け金) 27回転、50回→25ドル(合計25ドル分の賭け金)
  • この時点(1回転から27回転)の合計賭け金を合計しても、ボーナス条件の6000ドルに到達しないことが分かります。

    計算例から分かるように、ボーナス条件をクリアーには控除率が90%より高くないといけない事が分かります。

    実際には、多めに配当が有ったり、配当が少なかったりして、残金は上下しますが(正確な計算は出来ませんが)難しい事は確かです

    参考に、ボーナス条件をクリアーする上で必要な賭け金の累積金額の推移を控除率(ペイアウト率)別に表にしてみました。

    条件は、前記計算例と同じです。

    最上段の小数点の数字が控除率(1/100表示)、その横が合計金額(累積金額)、小数点の縦列が資金の減少の推移、合計金額の縦列が累積金額の推移、 黄色でマーカーした部分の下端部がボーナス条件の6000ドルをクリアーした所です。

    配当別払い戻し表

    どれ位の条件(控除率)が必要かを考えて見て下さい。最適な控除率のゲームを探した後、時間は掛かりますが、確率の揺らぎの少ない小さいベットで必要な回数を回して下さい

    表を見てもらうと分かると思いますが、この場合、93%がギリギリのラインです

    カジノゲーム別賭け要件値が低いカジノゲームは、その分ゲーム数をこなさないといけないので不利になりますので注意して下さい。(100ドル張った時、ボーナス条件を計算する上で、カジノ側はどれ位賭けたとみなすかという事です(例えばそのゲームが5%の賭け要件値とすると100ドル張って5ドル賭けた事になります))

    ページトップに戻る

    ☆リアルプレイで回してみた時の実践例です

    Playtech社のバケーションステーション8ラインスロットで試してみました

    *300ドル入金して、60%のボーナス180ドル、計480ドル、ボーナス条件は480ドル×12倍=5760ドルです

    *2000回回せれば、確率の揺らぎは少なくなるのでは、と仮定して480ドルの資金÷2000回=0.24ドルを一回の賭け金にしました

    *賭け金(0.24ドル)固定で、自動プレイ機能を使用しました

    *PCに張りつけず、後半、キリの良い数字ではなく、中途半端な数字になっています(一旦中断した時もありますので時間はバラバラです)

    480ドルから236.86ドルまで減ってボーナス条件クリアです

    バケーションステーション

    ①開始1日目、15:30~  終了、1日目、17:30

    (スタート、480ドル)→(1000回転、482.05ドル)→(2000回転、469.99ドル)→(3000回転、536.30ドル)→(3720回転、583.55ドル)

    ②開始1日目、17:55~  終了、2日目、04:30

    (スタート、583.55ドル)→(999回転、539.63ドル)→(1999回転、515.66ドル)→(2999回転、486.11ドル)→(3999回転、576.88ドル)→(4999回転、590.75ドル)→(5999回転、583.91ドル)

    ③開始2日目、04:38~  終了、2日目、12:45

    (スタート、583.91ドル)→(4188回転、467.72ドル)→(5299回転、443.24ドル)→(5699回転、414.62ドル)

    ④開始2日目、12:47~  終了、2日目 17:20

    (スタート 414.62ドル)→(1618回転、428.18ドル)→(2745回転、427.16ドル)→(2999回転、415.73ドル)

    ⑤開始2日目、17:53 ~  終了、2日目 20:40 

    (スタート 415.73ドル)→(1027回転、422.76ドル)→ (2000回転、388.56ドル)

    ⑥開始2日目、20:44 ~  終了、3日目 03:46 

     (スタート 388.56ドル) →(1000回転、335.67ドル) → (3373回転、364.37ドル)→ (6955回転、236.86ドル)

    3720+5999+5699+2999+6955=25372、三日かかって条件クリアーしました。

    書いていませんが、②の時の03:30頃に613.24まで上昇したのが最大値です。⑥の時の02:18頃に220.58ドルが最小値です

    ページトップに戻る

    ◎リアルプレイ中におきた事と考察(仮説)について

    *④の終了時、長めのメンテナンス(通常、再ログインがすぐ出来ますが、この時はインターナルエラーが出てアクセス出来ず、暫く経ってからサインインしました。(30分位)また、バケーションステーションにアクセスした時、通常はダウンロード済みなのですぐ始まりますが、ソフトの更新があったみたいで、アップデート(自動ダウンロード)してから始まりました

    メンテナンスやアップデート後に好転する時も、悪化する時(関係無い時も)もあると思いますが、分岐点の判断になるかもしれません

    ②の時の03:30頃に613.24まで上昇したのが最大値です。⑥の時の02:18頃に220.58ドルが最小値です

    ⑥の23時頃にリール回転速度を速くしてから急激に減少しました。そのままやっていれば少し結果が良かったかもしれません

    ②で一時的に610ドルまで増えている事を考えると、当初の資金からいくら増えたら自動プレイを停止するか、または⑥で急激に減り出した事を考えると、現在の値からどれだけ減少したら自動プレイを停止するか?を考えて設定した方がいい結果が出たかもしれません。

    PCのハードディスクに他のソフトがアクセスしている(PCのハードディスクのアクセスランプがついている)事が原因ではない時に、リールの回転速度の遅延が起きることがあり、遅れている時は何らかの処理が行われていると思われますが、それが起こった場合その後何が起こるか調べてみる必要がありそうです。(PCにインターネット接続上で負荷が掛かっていない場合において)

    どこまで増えたら、自動プレイを停止するか?を考える時、開始資金に(100-控除率%)をかけて、その何倍の増加であれば停止する、逆にどこまで減ったら、自動プレイを停止するかを考える時、現在の資金に控除率をかけて、その何倍の減少であれば停止するという様に、控除率を使う事も出来ます

    控除率が公表されていない場合、実践の最初の3000回で1000回ずつに区切って資金÷残高(資金が少ない場合)、残高÷資金(資金が多い場合)を出して、平均値を出して 使用する方法も考えられます。

    自動プレイ停止後、賭け金をさらに少なくしてゲーム数をこなす、ラインを個別に賭けられるスロットは、例えば8ラインで0.24ドルだったら、1ラインで0.24ドルの設定にして回す、他のゲームに移る、いつまで中断するか(例えば1日一回のメンテナンスの時までゲームを中止する等)選択の余地がありそうです

    一時的にベットを増やす時期を作る事も考えられますが、失敗すると致命的になる場合もあります。これが上手く出来るとメリハリがきいて有利になるんですが、実践例の後に色々試して失敗しました。

    ページトップに戻る

    ☆複数のゲームを同時起動したり、複数カジノで同一のゲームを動かす事も可能です

    プレイして見ると分かりますが、出ない時と好調な時とあります。通常時はプレイを差し控える事で影響を受けずに済みますが、ボーナス条件中は期間という制限もあり、出来れば早くクリアしたいところです。

    複数カジノを跨って同種のゲームを同時に起動したり、同一カジノで複数のゲームを同時に起動することも出来ますので、例えば、Aスロットで0.4ドルでプレイしていたら Aスロットで0.2ドル、Bスロットで0.2ドルでプレイする事も可能です。

    複数カジノで同一機種を動かす

    (画像例、複数カジノで同一機種を動かす)

    AカジノのBスロットでプレイしていたら、CカジノのBスロットを(Aカジノより低ベットにする)起動してCカジノのBスロットの調子に合わせて、AカジノのBスロットのBETを上げ下げする事も、同系列(経営母体が同じ)のカジノでは良いかもしれません

    *ボーナス条件クリア中は、同一カジノで複数機種を動かすプレイは避けたほうがよさそうです

    同一カジノで複数機種を動かす1

    (画像例、同一カジノで複数機種を動かす1)

    同一カジノで複数機種を動かす2

    (画像例、同一カジノで複数機種を動かす2)

    *ハマリが続いている時は、ゲームを起動した分、さらに資金が減少します。注意して下さい

    ページトップに戻る

    ☆8ラインスロットゲーム、バケーションステーションの計算例を掲載します

    8ライン全部に賭けた前提で計算しています

    配当別払い戻し表とスキャッター配当表の上段(黄色)が役別払い戻し倍率、掛け金別のN回転するのに必要な総資金量の上段(黄色)がN回転数になります

    ゲームをする際のボーナス条件のクリアに、また通常のゲームの立ち回りの参考にして下さい。他スロットも考え方は同じです

    配当別払い戻し表

    掛け金別のN回転するのに必要な総資金量

    スキャッター配当表

    *カジノゲーム バケーションステーションの実践記録です。参考にして下さい

    ページトップに戻る

    カジノゲームの立ち回り方

    利益を得たいと言っても、ジャックポット狙いで絶えずゲームをプレイする人もいれば、一日○○ドルずつ利益を上げたい等、人それぞれ目的は様々です。

    実際にやってみると分かりますが、好調にゲームが続いている時は資金が増えますので問題ないですが、時間帯によって極端に出なくなる時があるので注意が必要です。この出なくなる時はそれまでと違い、子役の出現が少なくなるばかりか、ボーナスゲームに突入しても小額の配当しか得られなくなります。

    もちろん一時的な場合もありますが、本格的な長時間のハマリに入ってしまうと資金の大きな減少になります

    これを避ける事は出来ませんので、資金の減少割合でプレイ中止またはBETを下げる基準を自分なりに作る必要があります

    また同一BETでプレイし続けると、プレイすればするほど、控除率(ペイアウト率)の影響を受けて資金が減っていきます。 この影響を少なくするためには張り方にメリハリをつける必要があります。

    そしてどういう状態になったらプレイを中止するか?また何時まで中止するか、何時から再開するかの基準も明確にする必要があります

    例として、三番目に配当が高い役を基準に、その役配当の二倍ハマったらプレイを中止する。もしくはBETを下げるとか、マーベルスロットのジャックポット値のパワーの項目に着目して数字のリセットされている(プレイヤーの誰かが出している)時間の間隔を見て、リセット回数が多い(間隔が短い)場合はプレイを、数字が大きくなる(間隔が長い)時はプレイを中止など、観察することで好不調の判断の材料になると思います。各自研究して自分なりの基準を作ってください

    マーベルジャックポットのパワー値

    ☆プレイするゲームを選ぶ際、カジノが推奨しているゲームを選ぶと推奨外のゲームより遊べる場合があります

    推奨ゲームは、ゲーム選択画面で、推奨、今月のゲーム、ダブルコンプ、などのタイトルがついています。またログイン時に、ポップアップ画面で出る場合もあります。参考にして下さい

    ゲーム選択画面で、推奨、今月のゲーム、ダブルコンプ、などのタイトル1

    ゲーム選択画面で、推奨、今月のゲーム、ダブルコンプ、などのタイトル2

    ページトップに戻る

    ベッティングシステム(ウィキペディアWikipediaより引用)

    掛け金に増減を付けるには、ベッティングシステムの考え方が役に立つと思います。参考にして下さい

    マーチンゲール

    まず1単位賭け、負ければその倍の2単位、さらに負ければそのさらに倍の4単位、と賭けていき、一度でも勝てばただちに1単位に戻す、という手法である。試行回数に関係なく、勝った時には1単位を得ることになる。

    多くの場合には少額の勝ちであるが、負ける時は大敗する。負けが連続するとたちまちパンク、もしくはテーブルリミットと呼ばれる賭けの上限に達してしまう。

    グランマーチンゲール

    まず1単位賭け、負ければその倍の2単位+1の合計3単位、さらに負ければ倍の6単位+1の合計7単位、と賭けていく手法である。常に試行回数×1単位を得ること狙う攻撃的な手法。

    マーチンゲールよりパンクのリスクは高くなる。

    パーレー

    1単位賭けた後、勝てばその倍の2単位、さらに勝てばその倍の4単位、負ければ1単位に戻す、という手法である。勝ち続けても1回でも負ければ損となるため、どこかで1単位に戻して獲得金をしっかりと自分のものにする

    稀に大勝するが、多くは小敗してしまうスタイルである

    ダランベール

    負けた場合に1単位だけ増やす手法である。一度の勝ちでただちに全ての負けを取り返すことはできないが、チップの減り方(および増え方)はより緩やかになる

    ピラミッド

    最初のベットを1単位でなく例えば5単位とし、勝った場合は1単位減らし、負けた場合は1単位増やす。リミットに到達した場合(例えば上限の9、下限の1)元の5単位に戻す方法と、そのまま続ける手法とがある。

    参考文献:ウィキペディアWikipedia

    ページトップに戻る

    特定のパターンになった時、必ず取れるようにする

    よく宝くじで、「買っても当たらないが、買わなきゃ当たらない」などと言われる事があります。オンラインカジノも同様に、賭けなければ利益は出ないが、賭けて負ければ損をします。当たり前の事だと思われるかもしれませんが、何かを得るためには(利益)、何かを失う(損失)必要があります。

    そこで、当たらないかもしれないが、まず賭けてみる。失敗する事が続く場合もあるが、このパターンになったら必ず利益になる賭け方をする。という様にその時々の当たり外れは度外視して、特定の狙ったパターン通りに事が運んだ場合に利益が上がる様に照準を合わせて賭けていく様に考えます。

    つまり、不確実な物である以上、ここで賭ければ絶対に儲かるという事は予測できない為、損失が出るという事は避けられませんが、考え方を変えて失敗を必要最小限に抑え、特定のパターンになった時、利益があがる様に持っていく事は可能だと思います。

    もちろん想定した特定のパターンが出現しないで、そのまま資金が無くなるという事もありえます。でも何も考えず本能の赴くままに賭けるよりは、儲かるチャンスがあると思います。

    この特定のパターンは、BETの増減の仕方でも良いと思います。カードゲームの場合、全資金を1000単位に分け、その内1単位を張り、負けたら倍にする。さらに負けたらその倍、連続負けで増やすのは5回までで、それ以上は一旦最初のBETに戻す。(マーチンゲールの一例)

    *マーチンゲールでは、増額BETの上限(回数)を決めておかないと必ず破産します。

    逆に全資金を1000単位に分け、その内1単位を張り、勝ったら倍にする。さらに勝ったら倍、連続勝ちで増やすのは5回までで、それ以上は一旦最初のBETに戻す。(バーレーの一例)

    マーチンゲールの例では、連敗5回までの、前回負けた時に増やしたBETで勝つ時が大きく稼げる時=勝ちパターンであり、バーレーの例では、連勝5回までの、前回勝った時に増やしたBETで勝つ時が大きく稼げる時=勝ちパターンになります。そして大きく利益が増えていく=この勝ちパターンが続く時ともいえます。

    *マーチンゲールの例の場合、たとえばブラックジャックで、BJを出し2.5倍の配当を出した時、ダブルダウンで賭け金をさらに倍にした時、スピリットをした時など、2倍ではなくそれ以上の配当が見込まれる時という前提が加わります。

    スロットでいえば、特定の利益幅が出た時にその利益幅を使って増額BETをする。さらに利益が上がればさらに増額してBETする。利益が無くなれば元のBETに戻す。やり方が考えられます。

    スロットの場合、①どの位の利益で、どの位の増額BETが良いか?②規定した「どの位の利益」が通常BETで賭けている時、どれ位の配当が出る事で得られるのか?③その配当の出現頻度は?などを考えておく必要が有ります。

    色々な考え方が有り、もっと良いやり方があると思います。自分に合った、自分なりのやり方を見つけて下さい

    ページトップに戻る

    カジノゲームで稼ぐには

    前提として以下の事柄が考えられます

    大きく稼ぐ為には、①BETを上げてプレイする。②ジャックポットを当てる。③高配当を出す。のいずれかを引き当てる必要があります。

    ただ、資金に対して一回のBETが大き過ぎると失敗した時にすぐ資金がパンクしてしまいます。

    また駄目な日は何回やっても損になってしまう。一回は小さな損でも、小さな損が積み重なりトータルで大きな損になってしまう。

    どの様に立ち回ればいいのか

    A、調子の良い時に、稼いだ利益を使ってBETを増やしていく

    B、調子が良い状態か?不調か?の判断基準を、一定のゲーム数とその間の合計配当で決める。

    C、BETの増減割合を決める。予めどこで中止するか?どの状況の時は、そのまま増やし続けるかを決めておく。

    D、プレイを中止した後、いつ再開するかを決める。(失敗した場合、一か月に何回プレイするか決める)

    資金を幾ら用意出来るのか(一か月にいくら使えるのか、予算を決める)

    何で基準を決めるのか

    過去のゲーム履歴を使って決めます。ゲーム履歴の以下の傾向を調べます。

    調子の良い時は、どれ位の減少で収まっているか?

    どれ位のBETの時、どれ位の配当がどれ位の頻度で発生しているか?

    *ABCDを過去のゲーム履歴を使って決めて、自分のプレイ方法を作成して、そのパターンになった時、利益が出る様にプレイしていきます。

    ページトップに戻る

    最後に

    *一気に低ベットでボーナス条件をクリアするのは危険です。(資金÷100以上の賭け金では、この問題は起こりません)厳しいカジノによっては、ゲームの機能(自動プレイ等)に制限が課せられる事があります。(負け続けていても起こります)クリアーする際は、連続で回すのではなく、間を空けながら一週間以上かけてゲーム数を消化する事をお勧めします(制限が課せられる場合、毎日定時に有るメンテナンスを挟んで今迄使えていた機能が使えなくなる等の現象が起こります。その事でカジノ側へ説明を求めても、曖昧な返答になります)

    *ゲームをする上で重要な事は、最初にどれ位までだったら損をしてもいいかという損失限度額を、1回もしくは一日、そして一月で決めておき、それ以上はプレイを中止する(翌月まで待つ)事だと思います。オンラインカジノは24時間いつでもプレイできます。