オンラインカジノの遊び方

無料ビデオポーカーゲーム Aces & Facesのルール

ポーカー 無料 オンライン Aces & Facesのゲームが無料で出来ます ビデオポーカーのフラッシュゲームです

ビデオポーカー 無料 Aces & Faces (ビデオポーカー)ゲームのゲームルールの解説と無料ゲームのリンクの紹介です。 この無料ゲームのリンクはAces & Faces (ビデオポーカー)ゲームのゲームルールの確認に、有料プレイをする時の有料アカウント(口座)登録の前の確認に、登録不要で無料ゲームリンクをクリックするだけで、すぐにプレイ出来るので、ご利用下さい

オンラインカジノでは他にも多数のPCゲーム、フラッシュゲーム、携帯ゲームが有ります。上記バナーをクリックして見て下さい。お気に入りのゲームが見つかると思います。登録してプレイしてみて下さい

Aces & Faces

Aces & Facesの無料ゲームはここ

NetBetカジノベガスメニューのビデオポーカーゲームAces & Facesが無料でプレイ出来ます。Aces & Facesの無料ゲームはこちらをクリック

このゲームの出来るNet Betカジノについて

「カジノメニュー」で、初回入金額の100%でボーナス最大400ドル、2回目入金額の50%でボーナス最大400ドル、3回目入金額の50%でボーナス最大400ドル、4回目入金額の25%でボーナス最大400ドルの合計1600ドルの初回ボーナスが、「ベガスメニュー」では入金不要で10回のフリースピンボーナスと500ドルの入金で500ドルの初回ボーナスが貰えます。

NetBetカジノ

Net Bet Casinoのルールなど詳細はこちらをご覧ください

オンラインカジノの入出金に必要なEcoPayz作成はここから

オンラインカジノは会員登録+入金手続きで始められます。その入金手続きで必要なのがEcopayzです。複数のカジノでも利用出来ます。

EcoPayz1

英語のサイトになりますが、以下のページでEcopayzの登録方法や手数料などのルールや被仕向送金などの出金方法について説明していますのでご利用下さい。手順通り行えば迷わずアカウントを作成することが出来ます。

日本語で詳細にEco-Payzを説明しています。手順通り行えばすぐに登録できます。

カジノゲーム Aces & Faces (ビデオポーカー)のゲームルール

ポーカーハンド

Aces & Faces の目的は勝ち手となる組合せを含む5枚のカードのポーカーハンドを手に入れることです。 ハンド(手札)が良いものであるほど払戻金も大きくなります(マシンの配当表をご参照下さい)。 手札の中から何枚どのカードを置き換えるかを選んで下さい。カードの置き換えは1度だけできます。

デッキの中

各ラウンドの後に使用されたカードはデッキの中に戻され、デッキはシャッフルされます。

ゲームの進め方:

  • ①画面左下にある + および – ボタンをクリックして、各ラウンドで賭けたいコインの値を選んでください。
  • 各ラウンド

    1枚賭ける または最高額を賭けるをクリックして賭けたいコインの数を選択します。

    1枚賭けるのボタンではクリックする度に選択したコインの単位で賭け金を増やせます。

  • ②最高額を賭けるを押すと賭けることのできる最高の金額(コイン5枚)まで賭け金を増やして自動的にカードが配られます。
  • 最高の金額

  • ③配当表の該当する欄をクリックして賭け金の大きさを指定することもできます。
  • (最高額を賭けるを押さない場合)カードを配るをクリックします。

    カードを配る

  • ④カードをクリックして残したいカードを選んでください。
  • ホールドを解除

    ホールドしたい場合、「ホールドするには」をクリックします。ホールドを解除したい場合、「ホールド」をクリックします

    ディール をクリック

    置き換えられます

  • ⑤ディール をクリックするとホールドしなかったカードが置き換えられます。
  • 勝ち手の組み合せ

  • ⑥勝ち手の組み合せが得られなかった場合、ラウンドは終了し、新たにゲームを始めることができます。
  • 最も低い勝ちの組み合わせはジャックのペアです。 これよりも低いカード (例えば10) のペアは勝ちの組み合わせになりません。 これよりも高いカード (例えばクイーン) のペアは勝ちの組み合わせとなります。

    ダブル/ダブルハーフ:

    コレクトをクリック

    勝ちのハンドを集めたら、賞金を受け入れる(コレクトをクリック)かダブルをクリックします。 ダブルを選ぶと、ディーラーはカードを1枚引いて表向きに置き、4枚のカードを裏向きにして配ります。

    当初の配当

    ディラーのカードより低いカードを引けば、当初の配当は取られてしまいます。 カードが同等なら引分けとなり、当初の配当を受け取る(コレクトを押す)か或いは再びダブルするかを選ぶことができます。 プレーヤーのカードの方が高ければ、当初の配当の倍額を獲得できます。 そして、ここで配当を受取るか或いはさらにダブルするかを選ぶことができます。

    プレイヤーは、また、ハーフダブルを選び、現在の配当の半分のみを賭け金にしてダブルに挑戦することもできます。 この場合、残りの金額は残高に追加されます。 もし現在勝った金額を 2 つに等分することができない場合は、できるだけ等しくなるように 2 つに分けて、 小さい方の半分がダブルアップに使用され、大きな方の半分が残高に入金されます。 「次にダブルハーフ」は残高に入金された額を含む獲得できる金額を表示します。

    ダブルのウィンドウ (オプションで有効な場合) は、マウスでドラッグして移動できます。 ダブルは別のゲームラウンドで、ゲーム履歴でもそのように表示されます。 ダブルではベット画面にはベット額が表示されます。賞金画面には現在のラウンドの賞金額が表示されます。

    現在の勝った金額がダブルアップ制限またはダブルアップラウンドの最大数に到達するまで、 ダブルアップすることができます。 引き分けやダブルハーフはダブルアップラウンドの制限に数えられません。 制限ボタンをクリックするとパネルが開き、現在のダブルアップラウンドの制限を見ることができます。

    ダブルアップラウンドの制限

    クリックするとパネルが開き

    配当表

    配当表

    配当表に示されている配当額はラインベットによって増加します。 コインの数は左から右に増えます: 1 コインをベットしているなら最も左の列を使用し、 2 コインをベットしているなら左から 2 番目の列を使用することになります。 最も右の列はマックスベット (5 コイン) の配当を示しています。

    ビデオポーカーの手役

    全ビデオポーカー・ゲームにおいて使われるカード組み合わせをご説明します。

    ビデオポーカーでは、カードの数字は次の順番で価値が高くなっていきます: 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, J, Q, K, A

  • ジャック・オア・ベター
  •   

    ジャック以上の数字のワン・ペア。 2 枚のカードは、例えば Q, Q のように同じ数字でなければなりません。

  • テンズ・オア・ベター 
  •  

    ジャック・オア・ベターと同じですが、カードの数字が少なくとも 10 でなければなりません。

  • キング・オア・ベター
  •   

    ジャック・オア・ベターと同じですが、カードの数字が少なくともキングでなければなりません。

  • ツー・ペア
  •    

    同じ数字のカードのペアが 2 セット揃っていること、例 10, 10, K, K

  • スリー・オブ・ア・カインド ー
  •  同じ数字の 3 枚のカード。例 8, 8, 8 。

  • ストレート
  •   

    5 枚のカードの数字が連続していること、ただし同じ種類のカードでなくてよい。

    例 5, 6, 7, 8, 9 。もし、カードが同じ種類でストレートができたのであれば、それはストレート・フラッシュ(下記を参照)。

  • フラッシュ
  •   

    5 枚のカードが同じ種類であること、ただし数字は連続していなくてよい。 例 ダイヤの4、ダイヤの 8 、ダイヤの 9 、ダイヤのジャック、ダイヤのキング。

  • フルハウス
  •   

    スリー・オブ・ア・カインドとワン・ペアの組み合わせ。例 8, 8, 8, J, J 。

  • フォー・オブ・ア・カインド
  •  

    4 枚のカードが同じ数字であること。例 5, 5, 5, 5 。

  • フォーツーズ・スルー・テンズ  
  • フォー・オブ・ア・カインドと同じですが、カードの数字が 10 以下であること。

  • フォー・ジャック・クイーン・オア・キング
  •  

    フォー・オブ・カインドと同じですが、カードの数字がジャック以上でかつキング以下であること。

  • フォー・エース
  •  

    数字がエースのフォー・オブ・ア・カインド。

  • フォー・デュース 
  • 数字が 2 のフォー・オブ・ア・カインド。

  • ストレート・フラッシュ
  •   

    5 枚のカードが同じ種類で、かつ数字が連続していること。 例 クラブの 5 、クラブの 6 、クラブの 7 、クラブの 8 、クラブの 9 。

  • ファイブ・オブ・ア・カインド
  •  

    5 枚のカードが同じ数字であること。 本来、 4 つの種類のカードしかないが、この手役はデュース・ワイルドや ジョーカー・ポーカーのようにワイルドカードを使うゲームの場合にあり得ます。

  • ロイヤル・フラッシュ 
  • エース、キング、クイーン、ジャック、 10 が全て同じ種類で揃っていること。

  • ワイルド・ロイヤル・フラッシュ/ジョーカー・ロイヤル・フラッシュ/J・ロイヤル・フラッシュ 
  •  

    ロイヤル・フラッシュと同じですが、 1 枚以上のワイルドカードが替わりに使われていること。

  • ナチュラル・ロイヤル・フラッシュ/N・ロイヤル・フラッシュ
  •   

    ロイヤル・フラッシュと同じですが、ワイルドカードが使われていないこと。